離婚の法律がらみの問題

現在の伴侶と離婚を考える際、まず考えられる問題点は相手が離婚届にサインしてくれるか否かでしょう。 自分の身を守るため、性格の不一致、原因は多々ありますが、いずれにせよ正式な方法にのっとり、届をだすには相手の合意が必要となります。 仮に相手の合意が得られずに、サインすらしてもらわなかった届を、勝手に書いてしまって提出してしまうと、これは立派な法律違反となってしまうのです。偽証罪の罪に問われ、最悪罰金刑が科せられてしまいます。 しかし、届が故意に偽証されたものでも、役所側が受理してしまうと離婚が成立してしまう事実もあり、法律の抜け穴をつくようにして届を出してしまう方もいるのが現実です。 どうしてもという方で夫の同意が得られない場合は、代理人を雇って示談交渉、交渉も決裂した場合は裁判も視野に入れることをオススメします。 ご自身の望む人生を手に入れるためにも、専門家の意見を参考にすることが一番の安全策です。