離婚をする時は法律事務所に相談するべきでしょうか

離婚といえばすぐ弁護士を思い浮かべる人もいるようですが、必ず弁護士は必要というわけでもありません。特に最初は協議離婚で、夫婦の話し合いによって別れるかどうかを決めるわけですし、もしそれで合意に達しなかった場合でも、家庭裁判所での調停となりますので、弁護士をつけなければならないということはないのです。ただし弁護士に依頼しておくと、書類の書き方などでアドバイスを貰えることはあります。本当に弁護士が必要になるのは、調停で物わかれに終わった時です。この時には裁判となりますので、弁護士を代理人として立てるため、法律事務所に依頼することになります。しかし法律事務所は敷居が高いとか、知人に弁護士がいない、あるいは相談料が必要といった理由でためらう人もいるかもしれません。しかし最近は相談料は初回のみ、しかも予算に合わせた裁判を提案してくれるなど、離婚相談をしやすい事務所も増えていますので、弁護士会などで紹介してもらうなどして、一度訪ねてみるのがお勧めです。