離婚に関する法律の落とし穴

日本には離婚のための法律があります。しかし、実際に夫婦が分かれようとすると、色々なトラブルが生じることになります。双方が合意して円満に分かれる分には何も問題ありませんが、殆どが泥沼となっています。しかしながら、裁判に持ち込めるのはまだ良い方です。離婚申し立てをしたくとも、相手が姿を晦ませている場合などは、万事休すです。ただ、そのようなケースにおいても、5年間音信不通となっている場合には、一方的に別れることが出来るのです。この場合、家庭裁判所に申し立てを行うのですが、確実に別居をしていて家庭生活が破たんしている証明が必要です。別居中の5年間に1度でも会いに来ることがあった場合は、申し立てができなくなります。ただ、もっと簡単に申し立てを行う方法として、相手方の悪意の遺棄という行為が挙げられます。生活の面倒を一切拒否しているパートナーには、こちらの申し立てをして離婚に踏み切る方が得策となります。

東京の新規オフィスに観葉植物レンタル
新しい始まりに緑ある空間をお選びください

フェスをにぎやかにするお花
飾り付けのことはプロにご依頼ください

博多 ランドセル
使いやすさを重視してつくりました

ポルシェを売るなら洗車してからがオススメ
ポルシェ買取りの価格がアップする可能性がございます

人気のドイツ高級車
売却時に高くなること間違いなし